WEBライター

【副業に悩む方必見!】おすすめの副業はどれ?確実に稼げる副業を体験談を通してご紹介!

あれも、これも、買い物がたくさんあってお金が足らない!
もうちょっとお小遣いがほしい・・・。
今月の収入が厳しい・・・。

そんな思いを誰もが一度は経験したのではないでしょうか。
お金が足りない…ならば副業をしよう!と思い立った人もいるはずです。
特にこの記事を読んでいる人なら思ったことがあるはずです。
副業ってどんなものがいいか気になりますよね?

例えば副業といえばブログの運営などで、アクセスを集めて、広告収入を得るという方法があります。
しかし、ブログ等の広告収入と呼ばれるものは稼げるようになるまで時間がかかかります。

その他、時間に余裕がある方であれば、家事代行や食事配達のUber Eatsなども副業として行っている方がいらっしゃいます。

しかしこちらも時間がかかり、場合によっては募集さえない場合があります

もしセンスや知識があるのであれば、動画の編集や動画投稿なども副業として稼ぐにはおすすめですが、何も知識がない状態からであれば設備投資から始めなければなりません。

アンケートなどに答えて稼ぐことができるポイ活も、還元が少ないので、隙間時間にするくらいではすぐにお小遣いが稼げるとは言えません。

そんな中おススメするのが、私もやっているパソコンやスマホがあれば誰でもできるクラウドソーシングです!

クラウドソーシングとはインターネット上で仕事を募集し、業務を発注(アウトソーシング)する比較的新しい業務形態です。

お仕事内容の求人がネットで公募されているイメージです。

募集されている仕事を見て、自分に合った仕事を受注し、その成果に対して報酬が発生するので、そこから副収入を得る形になります。

クラウドソーシングではExcel等のデータ入力に、ブログやネット記事作成のライター作業になど誰でも簡単に始めることができる仕事が多いです。

技術があればWEBデザインやロゴ制作等もあり仕事の幅が多く、特にライター作業だけであれば、通勤中や外出中はスマホで、家の中ではパソコンでできる始めやすい副業です。

何より確実に稼げるというのが副業として優れています。

クラウドソーシングを始めるには?

登録してから報酬を貰えるまでの手順は大きく分けて以下の5つになります。

クラウドソーシングサイトに登録

様々な案件の中から仕事を探す(仕事を受けれるかは抽選方式)

応募をして当選したら仕事をする

クライアント側に納品

報酬をもらう

クラウドソーシングに登録しよう!

まず登録するクラウドソーシングのサイトですが、ランサーズや、クラウドワークスなどが有名で信用度の高い大手仲介サイトになります。

ランサーズもクラウドワークスも似た形態のサイトの為、どちらか片方だけの登録や両方に登録しても問題無いでしょう。

ただしランサーズでは報酬の相場表記があるため、受ける受けない、安い高いの基準になりますが、クラウドワークスには相場表記がありません。

相場が分からない場合や、報酬の目安が決まっていなければ「ランサーズ」
相場が分かり、仕事を受けたい報酬金額が決まっていれば「クラウドワークス」

に登録しておき、仕事に慣れれば両方から仕事を請け負うと効率がいいでしょう。

クラウドソーシングに登録する際は氏名や住所、現在の仕事内容、顔写真、報酬を受取る口座などの個人情報を登録します。

個人情報を登録することに不安を覚える方もいるかもしれませんが、多くのフリーランスの方が登録している信用度が高いサイトになりますので、安心して登録してくださいね。

全ての項目を埋める必要はありませんが、仕事をするうえで確認できる情報は多いほうが、クライアントからの信用を集めやすいためおすすめです。

できる限りプロフィールは埋めるようにしましょう。

特に本人確認や電話番号確認、書類内容の機密保持の確認などは重要です。
できる限り確認を済ませてしまうようにしましょう。

ここまで出来ればご自身にあった仕事を探してみてください。

仕事を探して当選したら仕事をしよう!

クラウドソーシングへの登録が完了したら、検索画面から受けたい仕事を探します。

クラウドソーシングは1度納品すると終了するタスク形式の業務から、継続して仕事が提供されるプロジェクト形式の業務まで種類は様々です。

他にも、何人もの応募者の中のアイディアから1つを選ぶコンペ形式の仕事もあります。

様々な検索条件があるので自分が興味ある仕事、報酬の高い仕事などで探すといいでしょう。
見つかれば募集内容や、納期、納品方法、報酬を確認してから応募します。

たとえばライター作業で記事を書く仕事であれば、1500字以上の仕事が大半です。

実際に使っていない商品の体験談を書くような記事だと、1500字以上は書きにくいことがあります。

興味のある内容や、実際の体験談などであれば、はじめは長文でも比較的書きやすいので、初心者にはおススメです。

報酬からは仲介サイトに支払う手数料が引かれます。

報酬を受け取った時に自動で引かれてしまいますが、多くはクライアント側が手数料を含めた金額で報酬を出してくれていますので、あまり気にしなくても大丈夫です。

ただ仕事の中には手数料を含めない報酬もあり、自身の報酬から数百円ほど引かれてしまうことになるので確認しておいたほうがいいでしょう。

また応募すればすぐに仕事ができる訳でなく、その後クライアント側(仕事をお願いする人)からの選考があり、当選すれば仕事が出来る流れです。

当選の後は、メッセージでやりとりすることになります。

まずはあいさつや仕事内容の確認、納品方法、報酬などを確認しておきます。

その後クライアント側がまず報酬の一部を前払いします。

前払いが完了すればクライアント側から報告してくださるので、それを確認してからお仕事を始めます。

もちろん仕事ですので、提出期限があり基本厳守する必要があります。

どうしても間に合わなければ、融通を聞かせてくれる場合もありますので、きちんと連絡の上謝罪し、いつまでに完成するか伝えましょう。

納品したら報酬を受け取る!

仕事が完了すれば指定の提出方法で提出し、システム上で完了報告します。

クライアントに納品物を確認してもらい、必要があれば訂正・追記し、問題なければ報酬を支払って貰い、仕事は終わりです。

報酬は通常、クラウドソーシング上に一定金額または、期間まで貯めておくことになります。

報酬をご自身の口座に振り込む際には、あらかじめ受け取る口座を登録しておく必要があります。

ランサーズや、クラウドワークスでは、ご自身の口座に振り込むときの手数料は自分持ちですので、振込手数料の少ない楽天銀行で受け取るのがおススメです。

もし楽天銀行の口座を持っていない場合は、すぐに口座開設することが可能ですので、ぜひ検討してみてくださいね。

ゆうちょ銀行や他金融機関の場合も、500円ほど振込手数料として引かれてしまいますが、登録する事ができます。

クラウドソーシングは実際に稼げるの?


私がおススメするクラウドソーシングですが実際稼げるのか?と疑問に思う方もいらっしゃいますよね。

それは稼げる。です!

もちろんどれだけ仕事をこなすか、自分の頑張り次第や仕事の受け具合、設定報酬の高い仕事にもよりますが、稼ぐことがはできます。

下の画像の現在私が稼いでいるランサーズの支払い履歴をぜひ参考にしてみてくださいね。

半月程度ではありますが、2万円を超える収入を得ることができています。

すぐに10万、20万稼げるというわけではありませんが、実績を積めば確実に報酬を得ることが可能です。

たとえば報酬としておいしいおススメの仕事は、単価の高いライター作業です。

ライター作業であれば1文字1円以上1500字以上の納品が大抵ですので、1記事1500円~くらい稼ぐことが可能です。

字数が多ければ追加報酬を計算して頂けますので、書けば書くほど、納品すればするほど月3万円くらいは少なくとも稼げてきます。
きちんと仕事が出来れば継続で依頼してもらえることもあるので、安定した収入になります。

私も継続して依頼をしてもらえることで、月々の報酬額を増やすことができていますよ。

記事作成は文章を書くのすら苦手な私でも1500字以上書くことも出来るようになりましたし、たくさん納品して慣れればもっと長文も書けるようになります。

もちろん最初はなかなか高単価の仕事は受けにくい為、1文字0.5円以上から慣れていく必要があります。
これだけの数をこなしたんですよっと実績を積んでから高単価に挑戦するのがいいでしょう。

おすすめの副業 まとめ

私はこの副業をはじめてからご縁があり、継続の仕事を貰えるようになりました。
少し余裕も出てきたので、もっと稼ぎやすいクリエイティブ系のwebデザインや、イラストデザインの仕事もしたくなり勉強中です。

副業をはじめなければ稼げもしなかったですし、さらに勉強もしようと思わなかったでしょう。

もし少しでも副業に興味があるのであれば、ぜひ、はじめてみて下さい。
ぜひ、行動して下さい。稼ぐ努力はここからはじまります。